コメントする

結婚指輪の必要性と実用性

これから結婚しようとしているカップルの方は結婚指輪をどのようなタイプにしようだとかどのくらいの値段の物にしようかだとか、様々な事を考えられていると思います。
初めてお会いした方が結婚されているかどうかの判断をする場合にはまずは結婚指輪をしているかどうかが第一基準になると思います。
ただし、最近は結婚していても結婚指輪を日頃からつけておられない方も多いため必ずしも指輪をしていないからといって結婚していないとは限りません。
結婚指輪をつけない理由としては人それぞれだと思いますがプラスの理由もあればマイナスの理由もあるように思います。
まずプラスの理由としては、普段からつけていると指輪自体に傷や汚れが付いてしまうのが嫌だという理由です。
普段の何気ない行動でも、思っている以上に傷や汚れが付くものでメンテナンスをしていないとすぐに汚れてしまいがちです。
メンテナンスをこまめにやっていれば防げるとは思いますが、どちらにしてもこの理由で指輪をつけていない方は結婚指輪をとても大切な物として扱っているように思います。
逆にマイナスの理由としては、指輪をつけている事で結婚している事がバレたくないという理由です。
結婚している事を隠したい理由は多々あるとは思います。
スナック等で働いている女性の方の中には、独身だと思われる方が仕事がやりやすいという事もあると思います。
また、配偶者以外の異性との恋愛をしている方も隠したいと思うと思います。
このように様々な理由で指輪をつけない方が多くなってきていますが、私個人の意見としては結婚指輪をつけている事でお互い結婚している事を自覚し責任を持って行動できると思います。
指輪だけで結婚という既成事実が作られる訳ではありませんが、つけている事で結婚当初の気持ちをいつまでも持ち続けられる事ができるのであれば幸せだと思います。
結婚指輪の値段については、結婚されるお二人の予算もあるでしょうし、どのようなデザインを好むかにもよるとは思います。
同じ指輪でも、婚約指輪は給料の3ヶ月分と言われていますが、結婚指輪に関してはピンからキリまである中でお二人で話し合い、決めて行くのが一番良いと思います。
ただ、普段から結婚指輪をつけていようと思われる方は宝石類があまりついておらず、シルバーのシンプルな物をお勧めしたいと思います。
宝石類が付いていると、普段の何気ない行動で宝石が取れてしまう可能性もありメンテナンスも大変になります。
また、ゴールド等の派手目なカラーや、カジュアルすぎるデザインを選択すると仕事の際にあまり印象が良くない事が多いように思います。
結婚指輪は一生に一度の二人の大切な思い出の品になると思いますのでお二人でしっかり話し合い、納得してから買われることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*